樺沢 紫苑

更新日:2012/12/10

精神科医・ソーシャルメディアプロデューサー 樺沢紫苑

 

 

精神科医であり、何冊も本を出版されている著者でもあり。
ソーシャルメディア界では、知らない人はいないでしょう、と思うほど活発に
活動・発信されています。

【 講演 イベント パーティー等 】

◆ 各イベント等に対応できる組み合わせで、セットアップ提案が主。

露出が多く、ソーシャルを知りたい人にとっては『先生』
精神科医としても『先生』
もともと雰囲気的に持っている、樺沢氏の軸は
『堅実、まじめ感』なのです。
センセイとしてはピッタリの、キャラクターなのですが
そのまま堅実に仕上げたのでは、内面のナイーブさや優しさ
湧き出る情熱や、人との絆を大切に考えられるお人柄が表現できません。

やわらかで、オープンでありながら
静かで精神が落ち着く ラベンダーカラーを軸とした装いをご提案しています。

 

しかし 樺沢氏の一番のネックになるのは『着心地』
着心地が悪ければ続かないし、無理があるとやめてしまう、
その無理というのは、着ていてしっくりこなかったり、また金銭的にも
ファッションに、それほど投資するという事は、価値観の上でストレスがあるという
無理も含めて。
そのお考えは絶対譲れないという、樺沢氏の個性を裏切ることなく
チョイスしています。
着心地 = 伸縮性抜群 ラフに着れるジャケット。
ネクタイを締めるのが苦手、ネクタイが苦しくて着用できない、というご相談に
対応した使い方。等。
*政近準子より

はじめから、スタイルをいきなり完成させるのではなく、樺沢氏のように
徐々に階段を上がっていただき、ご本人のご要望に忠実にお答えしていく方法も
有効です。
まず、オシャレをすることに馴染んでいただき、徐々に洗練、完成へ
向けていきます。
今年(2013)は、受け付けないネクタイも、びしっとしながら着心地も良い
スタイル等、進化した樺沢氏へのご提案を行っていきたいと思っています。
階段を一歩づつ、一緒に楽しみましょう!

 

 

樺沢 紫苑さんの自己紹介
15万人のFacebookページから、日本で最もわかりやすい精神医学の情報を発信している樺沢紫苑です。

「今日の癒しの言葉」「映画の精神医学」「精神医学の話し」など読みFacebookページ「精神科医 樺沢紫苑」にて好評連載中。 http://www.facebook.com/kabasawa3

著書 『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』(あさ出版)、『脳内物質仕事術』(マガジンハウス)など、著書14冊。

映画を精神医学、心理学的な視点分析する斬新な映画解説が大好評。「週刊朝日」「東京スポーツ」「安心」などに、映画解説を掲載。まぐまぐメルマガ大賞受賞の日本第二位の映画メルマガ「映画の精神医学」の発行者。

取材依頼、講演依頼などを歓迎いたします。
【樺沢紫苑への仕事依頼に関して】 http://01.futako.info/fbpage/prof/apply.html

Top