大塚久美子

更新日:2012/12/10

株式会社 大塚家具 代表取締役社長

■政近準子より

IDC大塚家具、と聞いて知らない人は絶対にいない。
当たり前ですが、その細く小さな肩に、大企業の様々な重圧を
一手に担う、尊敬する人物です。
想像を超えるご苦労やプレッシャーも、常に感じさせることなどなく
アグレッシブな空気と知性を漂わせる 唯一無二な人です。

エル・デコインターナショナル デザイン アワード授賞式でのスタイリングを
ご依頼いただいたのが出逢いの始まり。授賞式は四日後に迫るという事態のなか、
普段の大塚社長のイメージとは一転した斬新なスタイルの提案であったはずだが、
快く受け入れてくださった器に、世界に通用する上場企業、トップのふり幅の広さと
奥深さを感じずにはいられませんでした。

【 授賞式 パーティー 】

◆「エル・デコインターナショナル デザイン アワード(通称EDIDA)授賞式

会場 「Audi Forum Tokyo」

「EDIDA」(エディーダ)とは、世界26カ国の『エル・デコ』編集長の投票により決定する

いわばデザイン界のアカデミー賞。
各国から選出された各13部門の大賞は、毎年世界最大のデザインイベント、ミラノ・サローネで発表される。
日本ノミネート13部門を発表する授賞式とパーティをは、世界中から選りすぐりのデザイン関係者が集う。

『エル・デコ』は世界でいちばん人気のあるライフスタイル・デコレーション誌。国内外の最新スタイルを紹介し、
実生活のインテリアに応用できるアイディアも提供する雑誌。

【大塚久美子氏 表現のキーワード】

革新的

デザイン性

ONLY ONE

エレガントモダン

自信

エンジョイ

Hussein Chalayan 2012 秋冬新作を着せる。

チャラヤンの表現は、従来のファッションという枠にはとどまらず、

アート、建築、デザイン、哲学、人類学、科学といった複数の領域を横断して展開している。

EDIDA授賞式には、非常にふさわしく、受賞者としての存在感はもちろん

一般招待者数百名の目にもとまる、ギフトとなったはずだろう。

Hussein Chalayan, (1970年生)

イギリスのファッションデザイナーで、ファッションブランドの名前である。

キプロスの首都ニコシアで、トルコ系キプロス人として生まれた。

1982年に一家でイギリスへ移住し、イギリス国籍を取得。セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインでデザインを学ぶ。

1995年、ロンドン・ファッション・デザイン・アウォードで、100の出展中1位を獲得。賞金を得て、同年のロンドン・ファッション・ウィークに出展した。テート・モダンや、ヴィクトリア&アルバート美術館に彼の作品が展示されており、そのミニマムでエレガントな服創りには高い評価がされている。2006年6月、大英帝国勲章を受章。

 

◆椅子と共に撮影

 

【共に主役級】がキー。
デザインとかち合うこともなく、

かといって負けることがない。
椅子の価値がさらに高く上がって見えるばかりではなく

大塚氏の存在が椅子にかすむこともない。
主役は椅子と大塚氏の両方である、というスタイリングを可能にした

スタイリング。

 

【結果 ご感想 】

受賞会場の壇上のバックに馴染んでしまうことがなく非常に映えた。

パーティー時、様々な人に褒められた上に、デザインがどうなっているのか?と興味を持たれ、話が弾んだ。
受賞者の中で一番お洒落だった、良かった、と関係者の方々から絶賛された。
椅子のデザイン、赤い色からファッションも連想され、あの椅子の受賞者の方ですね、と認知された。
何より、堂々とその場を楽しく、自信を持って過ごせた。依頼して正解でした。

久美子プレス

エディションブルー

ブルーエディション

nendo/佐藤オオキ × IDC OTSUKA コラボショップ “EDITION BLUE”OPEN

2013年4月5日(金)にIDC大塚家具新宿ショールーム内にOPENの プレスリリース時のスタイリングです。 世界中で注目を集めるデザインオフィスnendo(ネンド/代表:佐藤オオキ)との コラボレーションによる、北欧をテーマにした新業態のセレクトショップ 「EDITIONBLUE(エディションブルー)」を、新宿ショールーム内にオープン。

以下 店内の様子。 EDITION BLUEのコンセプトと売り場の雰囲気に馴染み かつ、溶け込み過ぎない存在感を放つスタイリング。

 

◆ 雑誌サライ インタビュー 2013年 春号

P1090858

 

【インタビュー】

 

『応用編』

◆ 株式会社インターリテラシー

インタビューシリーズ「私の哲学」

お手持ちのジャケットも活用。

エミリオプッチのプリント柄ワンピースは

中世を思い起こさせるような品がある柄で、色目もネイビーが基調という

落ち着きがある。

お手持ちの、オーダーされているというジャケットと組み合わせることで

柄の分量を減らし、安定感のあるベーシックジャケットの

信頼感に、プッチという新しさ、女性らしさを加え、程よい

インタビュースタイルとなっている。

 

 

 

 

 

 

大塚久美子

株式会社 大塚家具 代表取締役社長

一橋大学卒業
富士銀行(みずほ銀行)勤務(1991~1994)
株式会社 クオリアコンサルティング 代表取締役(2005~2009)

 

Top